三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友不動産、野村不動産、東急不動産、東京建物等の11社は

2020年東京五輪・晴海のパラリンピック選手村(ハルミフラッグ)マンションを

2019年5月に発売すると発表しました。


販売個数は5600戸。

五輪レガシー(遺産)の1つに住める!

東京五輪後に改修工事をして、4年後の2024年頃に入居できる予定です。

晴海フラッグのモデルルームが初公開

4月23日やっとモデルルームが公開されました。

オーシャンビュー、家族構成に合わせた5種類の間取り。

東京ドーム3.7個分の敷地に学校その他の施設が全て揃える予定。

VRで晴海フラッグの将来の街イメージを見ることができます。

アクセスに難ありとも言われていますが、どうなるか?

やっぱりお高いんでしょ?

ずっと値段が気になっていたのですが、

60平方メートル2LDKで5000万円~最大で1億円。

東京都内23区の相場より安い設定になっています。

予想よりも早く販売開始した理由は今金利が安いから?

売れ残ることはないと思いますが、

どれぐらい早く完売するか、注目ですね。

五輪レガシーが負の遺産にならない事を祈っています。

引用元:選手村マンション、19年5月発売へ 三井不動産など

追伸:東京都所有地だった晴海フラッグの敷地が格安で
マンション開発業者に売却されたことが判明。
不透明な格安払い下げが問題視されています。